糖尿病と血糖値 糖尿病と血糖値 糖尿病と血糖値
 

糖尿病の合併症


 
糖尿病の合併症(眼) 糖尿病の合併症(腎臓) 糖尿病の合併症(神経) 糖尿病の合併症(足)
合併症

生活習慣病として、大きく挙げられる糖尿病は、比較的に緩やかな合併症が強調されています。 よく耳にする糖尿病の緩徐な三大合併症として、緩徐糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害があります。 しかしながら、糖尿病には急性的な合併症があるのはご存知でしょうか。
糖尿病を慢性疾患として認識されている方は、糖尿病にも急性症状があることを理解されることをおすすめします。 今回は、糖尿病の急性合併症として、糖尿病ケトアシドーシスについてご説明していきたいと思います。

 

特に1型糖尿病で出現するケトアシドーシスですが、専門用語で難しいと感じる方はいらっしゃるのではないでしょうか。 それではケトアシドーシスはどのようなものなのか、簡単にお話をしていきたいと思います。

 

まずインスリンは血糖を下げる唯一のホルモンです。インスリンは、血液中の糖を細胞に引き込んでエネルギーにするはたらきがあることで、 血糖値が下がるということになります。しかしながら、インスリンの分泌に障害があると糖をエネルギーにすることができません。そのかわりに、 体はエネルギーが欲しいために、たんぱく質をエネルギーにします。糖尿病の方の栄養状態が悪くなってしまうのは、たんぱく質が減るということも考えられるでしょう。 さらに、たんぱく質がなくなると、体は脂質をエネルギーにします。糖尿病の方が痩せているというのは、脂肪が減ってしまうということも考えられるでしょう。 しかしながら、脂肪をエネルギーにするとなると、エネルギーと同時にケトンという酸性の物質が作られてしまいます。

 

ケトアシドーシスの「ケト」はケトンを表し、「アシドーシス」はいわゆる酸血症ということを表します。ケトアシドーシスになると、体は糖を外へ出したいために、 糖を尿で出す手段を選択します。いわゆる尿糖ですが、糖を尿でたくさん出したいために、尿量が増え、体から水分が失われるとのどが渇いて、たくさん水を飲む症状が出ます。 これの症状が続く、つまり酸性の状態が続き、体のバランスが崩れると、脳に酸素が運ばれなくなってきます。そうなると昏睡状態といって、意識が完全になくなり、 死に至ることさえあります。このように糖尿病の急性合併症は、死亡するほど恐ろしいものということですね。