糖尿病と血糖値 糖尿病と血糖値 糖尿病と血糖値
 

糖尿病の治療のながれ


 
糖尿病の治療法 糖尿病と食事療法 糖尿病と運動療法 糖尿病と投薬治療
糖尿病の治療

まず糖尿病を発症した場合、完治ということは困難であることを認識しなければなりません。しかしながら、治療をするということは可能とされています。 そこで、糖尿病の治療の目的は、糖尿病における各々の合併症を予防することに着眼する必要があることと思います。今回は糖尿病の治療のながれについて、 詳しくご説明していきたいと思います。

 

はじめに、糖尿病の治療の基本として、食事療法、運動療法、薬物療法の3つがあるということを紹介します。糖尿病の治療は、この3本柱に沿って行われていきますが、 主に血糖値のコントロールが重要となります。つまり、血糖を下げる唯一のホルモンであるインスリンの分泌障害あるいは分泌の低下に対して、 薬物療法を通じて血糖値をコントロール必要があります。そのため、糖尿病を発症した際は、入院生活の中でインスリン注射をしながら、血糖値のコントロールを行います。 もちろん、薬物療法だけではなく、糖尿病に関連した食事を摂取していきながら、血糖値をコントロールしていきます。

 

糖尿病の治療は、合併症の予防が念頭にありますから、病気を治すというよりも病気とどのように向き合っていくかという指導が軸となっていくことでしょう。 退院後、血糖値の推移を見ながらインスリン注射を適切に行えるか、あるいはインスリンの投薬方法、低血糖時の対策、 また血糖値の安定を図るためにどのような食事を摂取すればよいのかなど、最低限の知識を兼ね備えなければなりません。それから、根本となる生活習慣の改善については、 運動療法も加えながら、糖尿病の合併症を予防していきます。

 

このように糖尿病の治療は、食事療法、運動療法、薬物療法を同時に展開していきながら、糖尿病という病気とともに生きていく術を身につけていかなければなりません。 もちろん、食生活のすべてにおいて制限するというわけではなく、QOLが保てるように治療も考えられています。ご自分の日常生活が有意義に過ごせるように自己管理していきたいですね。