糖尿病と血糖値 糖尿病と血糖値 糖尿病と血糖値
 

糖尿病と食事療法


 
糖尿病の治療法 糖尿病と食事療法 糖尿病と運動療法 糖尿病と投薬治療
食事療法

糖尿病の治療法の1つに食事療法というものがあります。
食事療法では、糖尿病の方に合わせてカロリーや栄養を摂取できるようにするための治療法ですので、とても重要です。 しかしながら、糖尿病の方だれもが食事療法を行えるかということに関しては、現実的に難しいものがあります。

 

まず糖尿病の食事療法は、糖尿病の方の標準体重と生活活動強度から、摂取総エネルギーを算出して食事を行います。 簡単に表すと、糖尿病の方でもさまざまな生活をされている方がいますので、デスクワークであったり、立ち仕事、 あるいは力仕事などの生活に合わせたエネルギー摂取をしなければならないということです。
それから、栄養バランスについては、炭水化物・タンパク質・脂質の割合を55-60:15-20:20-25にしなければならなかったり、アルコールの摂取も制限されます。

 

さらに1日の中で血糖が著しく変化しないように、糖質の摂取量や摂取の時間配分が大切になってきます。
また糖尿病の方は、水分に関しても注意しなければなりません。糖尿病の方は、インスリンの分泌に支障をきたしているわけですから、血糖をエネルギーにできないために、 血管の中はドロドロの血液が流れています。その体は血糖を体外に出したいために、たくさんの尿を利用、いわゆる多尿にならざるを得ません。 つまり、体から水分が失われるわけですら、脱水傾向となります。したがって、その脱水を予防するために水分補給はしっかり行わなければなりません。

 

このように単に食事療法といっても、現在まで行ってきた食生活を見直していくところから、あるいは改善していくことから治療が開始されます。 もちろん、糖尿病で入院されている期間は、栄養バランスを考えた病院食を摂取しますので、自己管理には乏しいです。 しかしながら、退院後は食事療法もご自分で行わなければなりません。加えて、とても難しいのは、これらを継続していくということです。 糖尿病の方のQOLを維持していくためにも、食事療法は大切ですね。