糖尿病と血糖値 糖尿病と血糖値 糖尿病と血糖値
 

糖尿病の治療法


 
糖尿病の治療法 糖尿病と食事療法 糖尿病と運動療法 糖尿病と投薬治療
糖尿病の治療法

糖尿病の治療には、大きく3つの治療があります。それは食事療法・運動療法・薬物療法です。
基本的には、糖尿病を完治させるということは、現時点では困難であるため、糖尿病と上手に生きていくということが治療の根幹になります。 そのうえで、3つの治療があるというわけですね。

 

しかしながら、糖尿病の治療はとても難しいものです。なぜなら、早い段階で見つかった胃癌のように、外科的に手術を行って、 その部分を切除して回復を目指すというような治療の流れではないからです。糖尿病の治療は、食事療法・運動療法・薬物療法をご自分の管理のもと遂行しなくてはなりません。 もちろん、糖尿病になられた際は、入院をして、どのように糖尿病と向き合って生活していくのか、という指導を受けることができますが、退院された場合は、 すべてご自分やご家族に治療の管理は委ねられます。

 

臨床現場では、糖尿病になられて入院し、指導も受けられて退院される患者さんは多くいらっしゃいますが、ご自宅での自己管理が行えず、 血糖コントロールが不良で再入院される方も多くいらっしゃいます。病院に入院していると、ある程度の制限がありますので、必然的に自立心が保つことができます。 しかしながら、ご自宅に戻られた際には、病院のように制限となっていたフィルターはありません。おそらく、私も同じ立場であれば、食べたいお菓子やお酒を飲んでしまうでしょう。 なぜなら、人間として生きているわけですから、QOLは満たしたいものです。

 

このように糖尿病の治療は、ご自分との闘いとなることが考えられますが、ご自分の欲求を病気のためにおさえなくてはならない、 でも…といったように葛藤やジレンマが生じてしまいます。医療従事者として、糖尿病の患者さんの指導に携わるとき、患者さんの特徴や希望を加味しながら、ご指導させて頂いています。 もちろん、再入院される患者さんに対しても、自己管理不足の結果論だけではなく、患者さんと解決方法を考えながら、対策を立てていきます。 糖尿病の治療という一言の中には、とても困難な道のりが含まれていることでしょう。