糖尿病と血糖値 糖尿病と血糖値 糖尿病と血糖値
 

糖尿病と運動療法


 
糖尿病の治療法 糖尿病と食事療法 糖尿病と運動療法 糖尿病と投薬治療
運動療法

糖尿病の治療法の1つに運動療法というものがあります。運動療法では、定期的な有酸素運動をすることによって、 インスリンの抵抗性が改善されることを期待しますので、とても重要です。しかしながら、糖尿病の方であれば、どの方でも運動療法が適しているかということに関しては、 必ずしもそうではありません。
たとえば、糖尿病が進行して糖尿病性の網膜症や腎症を発症された場合などは、運動を制限しなければなりません。視野が確保されない中での運動はとても危険ですし、 運動することによって腎臓に血液を送ることができなければ、さらに腎機能が悪くなってしまいます。

 

そもそも、なぜ糖尿病の方は運動療法を行う必要があるのかということですが、それはエネルギーを消費させるということに重きがあります。 運動を行うということは、筋肉の活動量が増えることにつながります。そして、分泌が低下していたインスリンの働きも改善されていきます。 また運動を長い時間行うことによって、糖代謝あるいは脂肪の消費から血糖値が下がるというメリットもあります。

 

たとえば、有効的な全身運動として、ウォーキング、体操などがあります。運動といっても、サッカーやバスケットなどの激しいスポーツではなく、 歩くということだけでもよいですし、ラジオ体操を行うことでも効果はあるでしょう。それから、スポーツジムをご利用して、水泳やエアロビクスなどをされることもおすすめできます。 プールでは過度な負荷をかけることなく、全身の運動が期待できますし、エアロビクスもリズミカルな音楽に合わせながら反復した運動が行えます。

 

このように糖尿病は、運動療法を行う必要があります。しかしながら、大切なのは運動を行うだけでなく、運動の習慣を身につけて、継続するということです。 仮に運動を不定期に行っても、毎日の血糖のバランスに変化を与えてしまいますので、定期的に運動療法を行えることがよいでしょう。ただし、運動することは汗をかくことで、 体から水分が失われますので、水分補給は確実に行っていくことをおすすめします。