糖尿病と血糖値 糖尿病と血糖値 糖尿病と血糖値
 

糖尿病とは


 
血糖値を下げるインスリン 食生活と血糖値 血糖コントロールと糖尿病
糖尿病

糖尿病といっても、糖尿病の中にも種類があるのはご存知でしょうか。
もちろん、生活習慣病として有名な糖尿病ですから、大人の病気と脳裏にある方は、多いと思われます。しかしながら、小さな子どもでも糖尿病を発症することがあります。 そこで、今回は糖尿病の種類に関しまして、大きく2つの糖尿病をご紹介していきたいと思います。

 

まず糖尿病は、1型と2型というものがあるということを理解する必要があります。その違いを簡単に表すと、1型はインスリンの絶対的欠乏といって、 インスリンの分泌障害が特徴的であり、2型はインスリンの相対的欠乏といって、インスリンの分泌低下が特徴的です。
つまり、1型は自己免疫や遺伝因子などが関与していることによって、主に子どもが多く、2型は生活習慣などが関与していることから主に中高年が多いとされています。

 

1型糖尿病は、糖尿全体の5%で、小児から青年期に発症します。発症の形式としては、急激なものがあり、救急車で運ばれる子どももいます。 私の経験ですが、救急外来に救急車で呼吸困難を訴えて、運ばれた5歳の女の子がいました。ご家族は喘息の発作と認識されており、呼吸器症状の観点から診察が始まりました。 診察開始時は、女の子から反応がありましたが、徐々に受け答えができなくなり、酸素飽和度が90%を下回って酸素投与が開始となりました。 同時に採血をして、検査結果をみてみると血糖値が500mg/dlを超えており、糖尿病ケトアシドーシスの状態であったことがわかりました。 このようにインスリンの分泌障害は、昏睡状態を招いてしまうということがあります。

 

2型糖尿病は、糖尿病の95%以上で、中高年に発症しますが、近年では若年層にも発症することが報告されています。2型糖尿病が子どもにも発症するということは、 大人の生活習慣が子どもにも影響しているという裏づけがあるように思います。肥満という言葉も成人だけでなく、小学生まで波及している状況ですから、大人だけでなく、 子どもも糖尿病には気をつけていきたいものですね。